チョコレートで健康・美容にステキな効果を!

choco

女子の鉄ぱんスイーツと言えば、チョコレート。
まろやかな口当たりで美味しいというだけでなく、カカオ豆に含まれるカカオポリフェノールに健康、美容効果があることで、最近また脚光を浴びていますね。

チョコレートの効果いろいろ

カカオポリフェノールには、動脈硬化を防いだり、脳の活性化、がん予防、認知症予防など、実にたくさんの効果が認められています。

またカカオの特徴でもある苦み成分のテオブロミンという物質には、気持ちを安定させるセロトニンの分泌を促進させる働きがあってリラックス効果もあります。

ポリフェノールはどこに?

こうした効果は、カカオが多く含まれている商品に期待できますが、「林修先生の初耳学」で取り上げられて話題にもなったように、市販のチョコレートに表記されている「カカオ70%」といった数値は、カカオマスとカカオバターを合計した割合なので注意が必要。

ポリフェノールはカカオマスに含まれる成分であり、ほぼ脂肪のカカオバターにはポリフェノールは含まれておりません。ですので、70%のうち、カカオマスがどれだけ入っているかがポイントです。

パッケージの裏面に記載されている成分表には、含有量が多いものから順に記載する決まりがあるので、成分表を見てカカオマスが先に書かれていれば、カカオバターよりもカカオマスが多く含まれていることになります。

チョコレートでダイエット?

そのほか、チョコレートを食事前に食べると、血糖値の上昇を抑えて、空腹を抑制させることができるので、食事前に少量を食べることで、食事の食べ過ぎの予防になります。

カカオは、中世のヨーロッパでは、薬としても扱われていたほど珍重され、また王や貴族だけに許された貴重品だったようです。

1つ口にすると、ついつい止まらなくなってしまうチョコレートですが、適量を心がけて、上手に健康、美容のチカラにしましょう。

あわせて読みたい関連コラム